フリーランスエンジニア案件

未経験でもなれるお仕事

プログラマーというお仕事には向いている人がいます。
例えば集中力がある、地道な作業もこなせる人には向いている職業になるでしょう。
常にパソコンに向き合っている訳ではありません。
人とのコミュニケーションも必要になってきます。
仲間と一緒に仕事を進めていかなければならないので、自分勝手な行動をすると迷惑をかけてしまうことになるでしょう。
周りの人への気配りができることも大切な能力の一つとなります。
プログラマーになるには資格は特に必要がありません。
しかし技術的なスキルは大切です。
まずは自分でシステムを作ってみて経験してみるといいでしょう。
プログラミングの基礎知識を十分に理解しておくことが大切です。
知識を学ぶために専門の学校に通うことも一つの方法になります。
未経験から始める方が多いプログラマーは、積極的でありポジティブ思考な方を採用したいと考える会社は多いです。
男性が多い職種ですが、もちろん女性も活躍できるお仕事となっています。

プログラマーに必要なのは精神論!?

プログラマーに一番必要なのは気持ちです。
勿論、プログラミングを行う上でPCの性能やネットの環境の向上、または多数のプログラミング言語を知っておくことが良いプログラマーになるための大きな助けとはなるでしょうが、これらは割と安く、割と簡単に手に入れることができます。
ですが、素晴らしい環境や、幅広い知識を得てもなかなかプログラマーとして大成することは難しいのです。
それは、プログラミンには必ず根気が求められるからです。
どんなに素晴らしいコードやアイディアを思いついてもプログラミンに「Try And Error」が付きまとうからです。「Try And Error」とは打ち込んだプログラムがきちんと走らないときに、何度もプログラムを変え、色々と試しながらプログラムを完成させることをいいます。この作業は上手くいけば、必要ないこともありますが、沼にはまれば、同じプログラムを何日も打ち続けなければなりません。
昨今ではこの「Try And Error」の作業を短縮させるために様々なアプリが開発されており、楽になったとはいえ、「バグのないプログラムはない」という名言の通りプログラミングを行う上で必ずついてくる作業です。
この作業に耐えるには、プログラミングが好きであること、打ち込んでいるプログラムに価値があると思えること、そして根気が必要になります。なのでプログラマーは非常に人を選ぶ職業であるともいえますが、プログラマにーになることで必ず世界は広がるので、一度は学んでみても 面白いのでは。

タイトルとURLをコピーしました